カップ

Federal Glass Companyの歴史は1900年にオハイオ州コロンバスで始まります。
創業当初はハンドメイドのプレスガラスを製造していましたが、「低価格なガラス製品へのニーズが高まる」と予測し、1920年代にいち早くオートメーションによる低価格化を実現しました。
1930年代にはMadrid、Normandieの2大パターンを含む多くのディプレッションガラスを輩出しますが、その製造ノウハウは長く保持され、1979年にFederal社が幕を閉じた後はIndiana Glass Companyに引き継がれます。
1940年代はレストランウェアも広く展開、1950年代にはテーブルウェアのラインナップを充実させます。
1960年代にIridescent patternsと呼ばれた美しいオーロラカラーのグラスウェアやミルクガラスを生み出し、アメリカの最大手ガラスメーカーの一角を占めます。
機械化大量生産による低価格帯の製品に重点を置いてきたFederalは、ヴィンテージとなった後も他社より抑えられた価格のアイテムも多いのですが、その高い技術力から、価格以上の価値を持つブランドです。
14商品 1-14表示
14商品 1-14表示

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。