プレート

1885年に設立された小さなガラス会社(Hazel Glass Company)と、フルーツジャーを専門に製造するAtlas Glass Company、そして関連会社の工場が一緒になり、1902年、Hazel-Atlas が生まれました。
Hazel-Atlasは企業向けガラス容器などで成長した会社ですが、1930年代のディプレッションガラスからディナーウェアも展開し、一般家庭にもその名が知れ渡ります。さらに1936年、Platoniteを開発して他社のミルクガラスにも対抗します。
1930年代から始まったPacker Tumblersのほか、1940年代にはKiddie wareやOrchard wareなど『可愛い』グラスウェアで独自性を発揮し、1950年代にはリプルやキャンディストライプなどを生み出します。
主力商品の企業向け容器がプラスチック製に取って代わられることで、1956年、Continental Can Companyに買収されますが、グラスウェアは”Hazelware“として1970年代まで造られました。
16商品 1-16表示
16商品 1-16表示

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。